さて、今日は livedoorブログから、はてなブログへ投稿連携を行ってみました。 アフィリエイト目的の人は、自分の投稿の宣伝活動って重要ですよね。 無料でサーバリソースを提供して下さるライブドア様、はてな様には感謝感謝です。 すでに livedoor ブログを開設している前提で説明します。


はてブとlivedoorブログを連携

hatebuxlivedoor

ブログ連携の仕組み

blog_renkei

簡潔に説明すると上図のような連携を作ります。 ブログサービスには凡そ「メール」を利用した記事投稿の仕組みがあります。 また、記事を投稿したときにRSSフィードを更新する仕組みも存在しているはずです。 これらを、IFTTTサービスを使ってつなぎあわせ1つのブログに記事を投稿するだけで他のブログにも投稿する仕組みを実現します。

はてなブログ開設

hatebu

hatena_blog

単純にはてなブログを開設します。
私の場合は、以下のようなブログを開設しています。

IFTTTアカウント作成/設定

次にブログ間連携です。大きく以下のような流れとなります。
  1. IFTTTアカウント作成
  2. 「If This」でRSSフィードを指定
  3. 「Then That」でGmailを用いたメール投稿を指定

IFTTTアカウント作成

IFTTT_1_signup
まずはアカウント作成です。Gmail連携を想定してますので、「Continue with Google」からアカウントを作成しましょう。

「If This 」でRSSフィードを指定


IFTTT_2_rssfeed
  • トップメニューの「Create」をクリックし、「if + This」のボタンのThisをクリックします。
  • (Step1 of 6)Choose a Serviceで「RSS」を検索、「RSS Feed」の四角いアイコンが表示されるのでアイコンをクリックします。
  • (Step2 of 6)「New feed item」をクリックし、連携トリガーを設定します。RSSフィードの更新の都度、はてなブログにメール投稿が行われることを想定しています。
  • (Step3 of 6)Feed URL に自分のlivedoorブログのRSSフィードを指定します。

「Then + That 」でGmaiを用いたメール投稿を指定


IFTTT_3_send_gmail

  • 「Then + That」 の 「That」をクリックします。
  • (Step3 of 6)Choose a Serviceで「Gmail」を検索、「Gmail」の四角いアイコンが表示されるのでアイコンをクリックします。なんでもう一度 Step3なんでしょうね?
  • (Step4 of 6)「Send an email」をクリックし、連携トリガーをハンドリングした後の動きを設定します。Gmail自体を送信エンジンとして用いるだけです。この設定を行ってメール投稿が成功すると自分のGmailアドレスの送信トレイにブログ投稿が残っていることを確認できずはずです。
  • (Step5 of 6)上図のようにGmailを使って送信する宛先指定やlivedoorブログのRSSフィードの参照で確認できる SubjectやBodyの指定を行います。Subject=「はてなブログ側の記事タイトル」、Body=「はてなブログ側の記事本文」になります。
  • はてなブログのメール投稿するときの宛先メールアドレスは、こちらをご参照下さい。
  • (Step6 of 6)連携処理完了です。作ったAppletをturn onすることを忘れずに。それではテストしてみましょう!

投稿テスト


IFTTT_4_activity
実際にlivedoorブログに投稿してみましょう。上図は、IFTTTが投稿記事のRSSフィードを検知し、Gmail送信を行ったことを表す Activityログ(Applet ran、runじゃないの?)です。
IFTTTサービスの右上メニューの上から2つ目を選択して確認しましょう。
ついでに、Gmail送信が行われていることをご自身のGmailサービスで確認してみて下さい。
はてなブログに記事が自動投稿されていれば、晴れて成功です。