Facebookは仮想通貨広告を不誠実と評価

1/30、Facebook社は同社の広告ビジネスから仮想通貨広告表示を撤廃すると発表しました。その後の株価の動きと、仮想通貨周りの広告表示について述べます。

Facebookは新しい広告規約を発表し、暗号通貨、バイナリーオプション、ICOの広告を禁止した。今日(米国時間1/30)投稿されたFacebookのプロダクト・マネジメント・ディレクター、Rob Leathernのブログ記事によれば、この禁止について新規約は「このようなプロダクトやサービスは誤解を招き、あるいは虚偽を含む行為と頻繁に関連している」と明示している。

Facebookは将来全般的な状況が改善されれば、全面禁止と強制のための方策を再検討する。しかし当面Facebookは「違反広告を発見したら通報して欲しい」としている。

Leathernによれば「新規約は、広告の誠実性とセキュリティーを改善するための努力の一環であり、悪事を企む者がFaebookを利用して利益を得ることを防止するのが目的だ」という。

(出典:TC)

Facebookユーザを守るための非常に誠実な対応ですね。私のブログサイトでもアフィリエイトに取り組んでおり、広告表示を行っています。この中で、仮想通貨に関する広告を排除するといったニュースです。

Facebook社は昨年ぐらいから、メッセンジャーアプリを介して仮想通貨マイニング処理をさせるマルウェア散布に悩まされてきました。

A couple of cyber defense experts have reported they tracked down a new mining malware spreading via Facebook Messenger, which they named Digmine. Like many similar exploits before, this bot was using infected systems to mine one of the most favorite cryptocurrency by hackers, monero.

Digmineという韓国で流行ったウイルスをメッセンジャーを介してファイル交換しているというもので、ファイルを開いてしまったユーザがウイルスに感染してしまいます。その結果、携帯やPC端末のCPUを使って犯罪者のために仮想通過マイニング(演算処理)を実行し、CPUリソースを食い尽くすしてしまう事象に陥ります。

他のウイルスと違うところは、Facebookユーザにとっては「なんだかコンピュータが重いなぁ」「ページ表示が遅すぎる」なんて気分になるだけです。なかなか一般人はウイルス感染に気づきにくいという点がやっかいですね。

 

Google もマイニング処理を行う広告を表示してしまっていた。

Googleの「DoubleClick」という企業広告用サービスを用いて、仮想通貨マイニングウイルスを配っていた事実があったそうです。日本の企業も一部影響を受けていたようで、Googleの広告を表示していた企業ページがブラウザにウイルスサイトとして判定されてしまう、端末のウイルス対策でウイルス検知してしまうなんてことが起きてました。

2018年は仮想通貨マイニングウイルスが蔓延しそうですね。このウイルスビジネスは北朝鮮の資金集めに使われているとも言われています。

Googleにしろ、Facebookにしろ時代に合わせた紳士なビジネスに取り組んで欲しいですね。

Facebook社の2/7株価

直近では、市場影響を受けて続落していますがFacebookのビジネスに問題があった訳ではありません。安心して握っていい会社さんじゃないでしょうか。株式投資は自己責任で~。

 

情報ソース: TC, bitcoin.com, TrendMicro

 

関連ニュースです。

 

Facebookは増収増益が出来る会社です!Instagramの広告収入たるや羨ましい限りで。。

https://swing-traders.info/stock/post-1368.html

 

Facebookは個人間送金が無料で可能ですin米国。日本にもいずれ進出してくるでしょう。

https://swing-traders.info/stock/post-1214.html

 

モバイル決済は中国で急速に拡大中です。

https://swing-traders.info/stock/post-1208.html